牛肉部位【くりみ】|別名「腕三角/しゃくり/くり」うま味豊富でシルキーな舌触り

くりみ|別名「腕三角/しゃくり/くり」

希少度:3点
価格:3点
カロリー:3点
マニア度:5点

肩から前脚上部の部位です。

ミスジと同じく運動量が多い部位のため、筋肉が発達していて脂肪は少ないです。

筋や筋膜が多いので肉質はきめが粗くややかためです。

たんぱく質が豊富で、うま味が強いのが特徴です。

そのエキスはスープの材料にも使われるほどです。

独特の舌触りが楽しめる部位ですが、それはやはり筋肉が多いことから。

それを十分に味わうため、カルパッチョで食べるのも良いですよ。

脂身が少ないため、味わいは意外としつこさはなく、赤身の味が全面に出てきます。

歯ごたえもあり、一般的な牛肉の持つ、柔らか&脂たっぷりなイメージからは少々外れる印象です。

それだけにマニア度は高く、一度ハマると何度も食べてしまって、他の部位を食べなくなってしまう、ということも。

あまりスポットライトは当たらないけれど、そのうま味にファンが増えていっています。

もともと、かための肉なので、焼きすぎて、さらに硬くすると美味しくありません。

肉の味をメインに味わいたいので、味付けは、わさび醤油か塩ダレでさっぱり食べたいですね。

くりみの美味しい焼き方

薄切りの場合、一瞬だけ表面を加熱するぐらいで十分です。

ちゃんと焼くのが好きな人は、もう少し火を通しても良いのですが、絶対に焼きすぎはダメです。

デリケートな焼き方を求められる、という意味でもマニアが好きな部位です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする