牛肉部位【リブキャップ】|別名「カブリ」人気部位リブロースの背中側にある肉

希少度:星4個4.0
価格:星4個4.0
カロリー:星4個4.0
マニア度:星4個4.0

助骨の背肉

という意味を持つリブロース。

肩ロースとサーロインに挟まれた部位で、サーロインと並んで高級牛肉の代名詞です。

そのリブロースの最も背中側にあるのがリブキャップです。

肉は霜降りになりやすいのが特徴で、きめが細かくツヤツヤとした美しさがあります。

肉の甘みも脂もほどよく濃厚。
ただし、サシが細かく入っているので、脂がしつこい牛は、ややきつく感じることもあるかもしれません。

見た目の美しさは牛肉中最高レベルです。

焼肉やローストビーフ、しゃぶしゃぶなど、肉本来の味を前面に押し出した料理に使われます。

甘みも脂もあるリブキャップは、食感と味を楽しみたいならタレ、肉の味を重視したいなら、わさび醤油か塩胡椒です。

お酒は、日本酒を冷でいただきましょう。

肉の風味に負けることなく、美味しく食べれます。

厚切りでも美味しく食べれますが、脂を適度におさえるためには、薄切りで食べるのがオススメです。

リブキャップの美味しい焼き

強火で脂を溶かして食べるのがベストです。

厚さ5mm以下の肉の場合はレアで食べましょう。
それ以上の厚さになると、表面の脂が溶けても、中まで火が通らない場合が多いです。

その場合は、いろんな方向から火を入れて、ガッツリ焼きましょう。

カリッと全面が焼けたらOKです。

他のよく読まれる牛肉部位は、下記です。

牛肉部位【インサイドスカート】|ハラミ近くにあり、うま味が強い「バラ肉」

牛肉部位【中落ちカルビ】|別名「ゲタカルビ」あばら骨の間にあって脂たっぷり!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする