牛肉部位【ササミ】|別名「ササバラ」脂はあるけど、くどさはない希少部位

希少度:4点星5個
価格:3点星5個
カロリー:4点星5個
マニア度:4点星5個

バラ肉の中でも、腹側にあるバラ肉をそとバラと言います。

そのそとバラの一部で、ももの付け根側にあるが、ササバラ、ササミです。

そこそこの希少部位です。

肉質は、きめ細かく、赤身とサシのバランスもキレイです。

たっぷりサシが入っているように見えるかもしれませんがその割りには、くどさはなく食べやすいです。

一口食べると、脂の甘みと肉のうま味が口の中でじんわりと広がっていきます。

同じバラ肉でも、カルビ系よりは比較的さっぱりしていて、食べても口の中が重くなりません。

店によっては、上カルビとして出しているお店もあります。

繊維質な肉は柔らかく、サクサクといった歯ごたえで簡単に紙切れます。

味付けは肉のうま味を損なわないよう、醤油でさっぱりと食べましょう。

わさび醤油または、からし醤油で味にアクセントをつけると、肉の甘みが引き立ち、より美味しさを味わうことができます。

もちろんタレにつけて食べても肉のうま味と柔らかい食感は十分楽しめます。

固まりで焼いて切り分けても面白いですよ。

ササミの美味しい焼き方とは

肉質によってはタタキにもむいていると言われています。

ミディアムレアで生っぽい食感を残して食べるのがオススメです。

表面を強火でカリッと焼きましょう。

脂が出やすいので、すぐコゲてしまいます。
焼く時は、目を離さないようにしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする