牛肉部位【とうがらし】|別名「トンビ」赤身のうま味が強くローストビーフにも◎

希少度:4点星5個
価格:3点星5個
カロリー:3点星5個
マニア度:5点星5個

肩の一部で、肩甲骨付近のお肉です。

1頭からあまり多く取れません。
希少部位の部類です。

形状がとうがらしに似ていることから、この「とうがらし」という名前がついています。

肉質はきめがやや粗く筋がありますが、赤身のうま味が強く、肉汁が出るのが特徴です。

その特徴を活かして、ブロックでローストビーフに使われることが多いです。

焼肉にする時は、真ん中の筋を丁寧に取り除いて薄切りにするのがオススメです。

脂肪が適度に入っていて風味も強く、タタキや、ほぼ生食でも食べるのが好き、という人もいます。

ただし、それに挑戦する時は、肉質をしっかりと確認しましょう。

ちょっと危険なところもあるので、自己責任で。

食感は柔らかめ、という人もいれば、ヒレに似た感じという人もいます。

いずれにせよ、焼肉で柔らかめな歯ごたえを重視する人は、一度は食べておきたいですね。

味付けは、やはり肉のうま味重視です。

塩コショウや塩ダレがオススメです。

醤油ならわさび醤油を少しつけるぐらいで食べると、より肉の味が引き立ちます。

とうがらしの美味しい焼き方

ローストビーフにも使われるような部位なので、焼肉でも表面をあぶる程度のレアがオススメです。

または脂が溶け出す程度のミディアムレアです。

肉のうま味を逃さないように、肉汁がしたたり落ちる前に食べたいところです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする